ポケモン剣盾シーズン10 最終日最高303位最終318位レート2003達成構築

f:id:pokeaaiueoo:20201001111103j:image
f:id:pokeaaiueoo:20201001111108j:image

f:id:pokeaaiueoo:20201001122755j:image

こんにちは。

tnゆうで潜っていた者です。

レート2000を達成できたので記事を書くことにしました。

もしよければ見ていってください。

 

【構築経緯】

中盤まではスカーフニンフィアと早いみがわり瞑想ハピナスが軸の受け回しを使っていたが中盤を過ぎたあたりからモロバレルが急増したため構築を変えることにした。そこで見た目が良く私自身が大好きなサイクル戦がしやすいササンガルドを使うことに決めた。過去の世代で多かった並びサザンガルドマリルリバナみたいなノリでマリルリモロバレル を入れたら強いんじゃないかという発想に至りその二匹を決定。あとはタイプを見てホルードとヒトムを採用し構築が完成。

自然と今シーズン多いならびになった。

 

【単体解説】

サザンドラ@こだわりスカーフ

f:id:pokeaaiueoo:20201001113642j:image

性格:臆病

特性:ふゆう

努力値:C252 S252 D4

実数値:167-112(×)-110-177-111-165(+)

技構成:流星、あくは、大文字、蜻蛉

 

なんの変哲もないスカーフサザンドラ

アシレーヌマリルリニンフィアキュウコンなどのフェアリー勢が多く動きづらかったと思うが、有利不利がはっきりしてるポケモンなため動かし易かったと思う。一回までならジェット積んだパッチラゴンを抜けるため沢山のパッチラゴンを狩ってくれた。ダイマしても無振りのパッチラゴンなら落とせるため勝ち筋として優秀だった。

途中りゅうせいぐん外しが目立ったが最終日は全て当ててくれた。偉い。

 

ヒートロトム@こだわりメガネ

f:id:pokeaaiueoo:20201001114346j:image

性格:ひかえめ

特性:ふゆう

努力値:H172 C252 D4 S76

実数値:147-×-127-172(+)-128-116

技構成:10万、オバヒ、ボルチェン、トリック

 

調整は火力が欲しいためC特化。D端数。Sは実況者のあみゅさんが使ってた残飯ラプラスが強そうで増えるかもしれないと思っていたのでそのラプラスよりも1早くした。Hは余り。DL調整しないと気が済まない性格なので努力値4がどこかに消えた()

技構成は受け回しへの回答のトリック、ボルトチェンジ、オーバーヒートは確定であと1つは最終日3日前まではあくのはどうだったが打つ場面がなく電気技で居座りたい場面が多かったので10万を最終的に採用した。選出機会はそこまで多くないが、サニーゴやラッキーにトリックを決め勝てた試合が多かったので何気に活躍してくれた。Hを削っているため体力管理がシビアだが頑張ってくれてたと思う。

何よりかわいい。

 

マリルリ@とつげきチョッキ

f:id:pokeaaiueoo:20201001115159j:image

性格:いじっぱり

特性:ちからもち

努力値:H60 A252 D4 S188

実数値:183-112-100-×-101-94

技構成:じゃれつく、馬鹿力、飛び跳ねる、アクジェ

 

この構築のMVP。圧巻の活躍だった。

そこそこ地雷型チョッキマリルリ。Sは+1で最速パッチラゴン抜きまで振った。副産物としてテンプレの珠ピクシーよりも1早かった気がする。DL調整のためこれもまた努力値4は何処かへ消えて行った。最終日の19時までは飛び跳ねるの部分はアクアブレイクだったがモロバレルが重いのとジェット2回積んでウーラオスの上からじゃれつくを打てたら強いなと思ったので採用してみた。それがハマって夜以降はイージーウィンが多かった。水技がないのでダイストリームの媒体がアクジェで威力90なためそこだけは注意。モロバレルがダイフェアリー+ダイジェットで落ちるの偉すぎる。かわいい。

 

ギルガルド@たべのこし

f:id:pokeaaiueoo:20201001115918j:image

性格:ひかえめ

特性:バトルスイッチ

努力値:H252 C188 S68

実数値:167-×-160-103-160-89(シールド時)

   167-×-70-202-70-89(ブレード時)

技構成:シャドボ、ラスカノ、みがわり、キンシ

 

H特化。Sは4振りアーマーガア抜き。C余り。

上手く振り切れたのでDL調整はしてない()

遅い60を抜きたいためこの素早さライン。ニンフィアや珠以外のピクシーを抜けるためよかったと思う。マリルリが飛び跳ねるを採用する前は実数値90だったため相手の素早さラインの把握がしやすかった。技はこれで完結していると思う。みがわりはドヒドやヌオー、ちきゅうなげ1ウェポンのラッキーを見るために採用。しかしラッキーもハピナスも今シーズンは速い個体が多かったのでそこは余り上手くいかなかった。アロキュウ対策も兼ねていた。サザンドラとサイクル回しているだけで強いがウーラオスが邪魔であまり選出できなかった。

 

モロバレル@ゴツゴツメット

f:id:pokeaaiueoo:20201001120802j:image

性格:呑気

特性:さいせいりょく

努力値:H252 B252 D4

実数値:221-105-134-105-101-45

技構成:タネばくだん、クリスモ、胞子、光合成

 

配布産の色違いモロバレル。タネばくだんはアシレーヌにみがわり置かれて瞑想積まれてるだけで負けるので採用。思いの外刺さる場面が多くよかったと思う。水ウーラオスに投げるだけでHP半分削れるが終盤はダイジェット型も増えたため選出する機会が激減。気持ち程度のモロバレル対策。ゴツメを持たせることにより残飯じゃないナットにも勝てたり勝てなかったり。初手ホルード水ウーラオス対面ができてモロバレルを選出してなかった時にダイジェットをよく打たれたのでいるだけで仕事すると感じた。基本クッション。

 

ホルード@きあいのタスキ

f:id:pokeaaiueoo:20201001121453j:image

性格:陽気

特性:ちからもち

努力値:H4 A252 D4 S244

実数値:161-108-97-×-98-141

技構成:地震、じならし、じたばた、石火

 

変な調整のホルード。終盤氷技持ちのひかえめポリゴンzが増え、とりあえず最高火力でじたばたが打ちたいので準速ポリゴンz抜かれ調整を施した。これによりマリルリの先制技の範囲に安心して入れることができる。最速にするとひかえめポリゴンzの場合はじたばたが威力20で入ってしまうので良かったと思う。ミラーは捨てたが、最悪タスキを削ればいい。

技構成はゲンガーが多かったので対ゲンガー用のじならし、じならしだと火力が足らないため地震も採用した。余りない技構成だが選出する構築を見極めたらかなり強い構成だと思う。終盤は刺さりが凄まじかったのでほぼ初手に投げてた。よく悪ウーラオスが初手に出されたのでじたばたで落とすことができたり対面性能は相変わらずだった。かわいい。

 

【あと語り】

終盤オーロンゲバタフリーや催眠ゲンガーが増え、色々なキノコも繁殖などなかなかしんどいシーズンでしたがとりあえずの結果が残せて良かったと思います。対戦してくださった方はありがとうございました。来シーズンも頑張ります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

f:id:pokeaaiueoo:20201007125852p:image